お花の管理方法について

proposeflower

会員ログイン

花束をもらったらすること

花を受け取ったらすぐに確認!

フラワーギフト・花束を宅配業者からうけとられたら、すぐに配達用の箱に破損はないかを確認し、箱をあけてつぶれていないか花が折れていないかのチェックをしてください。
可能な限り配送担当者の目の前で損傷がないかを確認するのがベストです。

配送時の事故で商品に欠陥が生じていた場合、時間がたってからでは状況確認ができずクレームを受けてもらう事ができません。 花はナマモノですので、すぐに箱を開けて商品を確認してください。

速やかに給水

受け取られた花の水が下がっていた場合はラッピング紙を外し、茎を数センチ切り戻して、たっぷりのお水につけてあげてください。

水が下がるとは、水切れのため花がしおれてしまいそうにみえる状態です。枯れているわけではありませんので、しっかりと給水させることで多くは復活します。

花束を渡すまでの保管

翌日手渡しされる場合は、配達用の箱の中にたてたままで直射日光・氷点下・高温をさけて風の当たりにくい冷暗所で保管してください。箱の上に布や紙などを置いておくと花に光が直接当たらないのでオススメです。箱から出して保管する場合も花束が立った状態が望ましいです。花束を横倒しに置きますと圧力がかかり花がつぶれてしまう原因になります。

翌日に花束を渡される場合でも受け取り後は、必ず一度箱をあけて花の状態を確認してください。 季節や温度・湿度によっては配送時に花が蒸れてしまっていることがあります。

ラッピングは外す

花を飾るときには必ずラッピングをはずして下さい。
ラッピングが綺麗に見えるので、そのままで置いておく人がいますが、本来ラッピングは移動中や、受け渡し時に花を保護する目的のもので室内で飾っておくものではありません。ラッピングをつけたままですと花の寿命が短くなりますのでお気をつけ下さい。

花の手入れ

植物には命があります。高温、乾燥、直射日光、氷点下を嫌います。エアコンが直接当たる場所も避けてください。女性のお肌のお手入れのイメージですね。

新鮮な水を入れた花が窮屈そうではないサイズの合う花瓶にお飾りください。

必要な水の量は季節や花の種類によっても異なりますが夏は水が腐りやすい為、少なめの水を頻繁にとりかえて下さい。

お水は人が飲めるくらいに新鮮なものが理想的です。毎日水替えしてください。水が汚れるとバクテリアが発生し、導管がつまり茎から水を吸い上げられず枯れてしまいます。切り花は茎から水を吸い上げることで生きています。水替えのたびに茎も数センチずつ切り戻し茎も新鮮な切り口にしてください。

水につかっている茎の部分を常に清潔にしておくことが花を長持ちさせるポイントです。

水揚げ方法

「水揚げ」とは、切花に何らかの処置を施すことで吸水力を活性化させ水を吸い上げやすくすることです。

水の下がった萎れてしまいそうな植物に対する救命延命措置も水揚げですし、元気な植物に対しても、水を吸い上げやすい健康な状態に保ってあげるための処置も水揚げです。
簡単な水揚げ方法をいくつか説明しておきます。

切り戻し

元気な茎の部分から、空気中ですぱっと茎を切ります。空気や異物でつまっていた茎を切り落とし新鮮な切り口にすることで、茎(導管)から水を吸い上げやすくします。

水切り

水の中で茎を切ります。空気中で切るのと違い水中は真空状態ですので、切った時に茎(導管)に空気が入らず茎から水がより吸い上げやすくなります。簡単でお勧めです。

逆水

切り花の茎(根本部分)を上にもち、花を逆さにむけた状態で上から水をかけます。
できるだけ花の部分に水がかからないように注意して下さい。
葉が多い、葉の表面積が多い植物は、葉裏から水が蒸散し水分がどんどんなくなってしまうのを防ぐ効果があります。
ただし、逆水はしてもよい花といけない花があります。薔薇は花弁に水が付いてはいけない絶対に逆水をしてはいけない花ですのでお気を付け下さい。

その他に、湯あげ・焼き・ミョウバン等の方法もあります。

お花の楽しみ方

基本的に当店の花束は、そのままの花束で花瓶に飾って美しいデザインに束ねていますので花束を受け取られた直後は花瓶の大きさにあわせて、花の高さを調整して切っていただくだけで結構です。

そのうち、長持ちする花とそうでない花がでてきます。枯れてしまった花はこまめに抜いて排除して下さい。他の残りのお花をより長く美しく咲かせることができます。

束ねられていた花束の形を保持できなくなったら花束をほどいて花を自由にしてあげてください。そのまま同じ花瓶にまとめて飾るのもいいですが自分の好きなとりあわせで少しずつお部屋ごとに飾り分けてみたり、一輪ざしにしてみたり、コップやお皿に浮かべるのも楽しいですね。

デザインされた花束の持つ表現力はひとつだけですが、花束をほどき、一輪一輪の花の表情をみるとそれぞれにことなる独立した表現力を持っているのが花なのです。

型にとらわれず、ご自身の感性で最後の一輪まで様々な花の表情を楽しんでみてください。

ラグジュアリーフラワー(姉妹店)では花束以外の商品も多数取り揃えています。

花束とフラワーベースをセットしてのご用意もできます。

フラワージュエリー(本物の花のアクセサリー)を花束と束ねるサプライズも大好評♪

ラグジュアリーフラワー

ショッピングカート共用ですので同時購入、同梱発送が可能です。

<< 前のページに戻る

選べる安心

クレジットカード

コンビニ払いもOK

銀行振込・代金引換

配送会社も選べます!

セミオーダー注文

ドイツマイスター認定書

特別な人へ贈る特別な花束は何を基準に選びますか?

マイスターとは?

Twitter